うつ病の症状と似ている睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の患者さんは

 

  • 夜中に何回も目が覚める
  •  

  • 朝、頭が痛い
  •  

  • 昼間だるくて仕方がない

 

という悩みがある人がたくさんいます。
こういう症状はうつ病の人にも多くみられるので、うつ病と間違われることがあるそうです。

 

あと、睡眠時無呼吸症候群がうつ病を引き起こしているという調査結果もあるそうです。
ただ、その理由はまだはっきりと分かっていないそうです。

 

 

他にも怒りっぽくなったりやる気がなくなたり投げやりになったりと性格まで変わってしまったという人もいます。

 

健康な人でも睡眠不足になるとやる気がなくなることってあるので、毎日ぐっすり眠れない人がこうなるのも当たり前な気もします。



トップページ いびきの治療 イビキスト