子供のいびきには特に要注意

子どもはまだ、顔が小さく、喉の奥の空間も狭いのでいびきをかきやすいと言えます。

 

扁桃腺やアデノイドの肥大や歯並びが悪いことが原因となりますが、まず鼻づまりを解消することで、かなりいびきが減ることがあります。

 

 

また、新生児や乳幼児、小中学生までが睡眠時無呼吸症候群を抱えていることは、あまり知られていません。

 

 

3〜6歳児の場合は、アデノイド肥大や扁桃肥大が原因であることが最も多く、肥満よりもやせ型の子に多いのが特徴です。

 

また、乳幼児の突然死(乳幼児突然死症候群)は、うつ伏せに寝かせたときのほうが、仰向け寝の場合に比べて発症率が高いと報告されています。
そのため、「うつ伏せ寝が関係しているのでは?」と言われてきました。

 

しかし、最近では睡眠時無呼吸症候群が原因であるという説も出てきています。

 

 

小学校高学年から中学生は肥満に伴う睡眠時無呼吸症候群を発症している子が多いです。

 

小中学生で太り気味の子ならダイエットして空気の通り道が広がり治るかもしれませんが、太っているわけでもなかったら…

扁桃やアデノイドの肥大が原因の可能性があるので、耳鼻咽喉科を受診したほうがベターです。
※気道の狭い新生児や乳幼児にアデノイドのような症状がある場合は呼吸困難を引き起こすこともあるので要注意

 

(アデノイドというのは鼻の突き当りの部分で、鼻から喉に移行する部分でもある上咽頭にあるリンパ組織のかたまりのこと)

 

 

 

太り気味で小中高生くらいであればCPAP治療が有効な場合もあります。

 

 

 

子供で睡眠時無呼吸症候群だと、発達が遅れたり落ち着きがなくなることもあります。
熟睡できないと成長ホルモンが分泌されにくくなってしまうので身長が伸びにくくなり、治療すると伸びたという例も多いです。

 

授業中も眠くなり成績が悪くなる可能性もあったり何より本人が辛いので、放っておかずに早めに医療機関に行きましょう。


無呼吸症候群の子供の症状は?

無呼吸症候群の子供の日中の症状には、注意散漫や粗暴な行動をとる等があります。

 

学校生活がうまくいかない原因になるので早く気づいて治療しないとかわいそうですよね。

 

 

 

大人の場合は日中の居眠りが一番多い症状なので、子供と大人では大きく違うようです。

 

 

3歳のいびきがひどく呼吸が止まることもあった子が耳鼻咽喉科を受診した例

 

 

3歳で12s、食が細く痩せて元気が無く、口を開け鼻水を垂らしていた

 

寝ている時の様子をビデオに撮ってもらうと、寝返りが多く、あえぐような呼吸や息が止まる様子が映っていたそうです。

 

喉の内視鏡検査などで扁桃(へんとう)腺や咽頭扁桃(アデノイド)が肥大していることが分かり、
これらを手術で取り除いた。

 

その結果よく眠りよく食べるようになり体重は1.5キロ増えたそうです。

 

 

 

小さい子供に手術を受けさせるというのも抵抗があるかもしれませんが、信頼できる病院をみつけて必要な治療をした方が、放っておくより本人にとって絶対にいいと思います。

子供の睡眠時無呼吸症候群のおもな原因

子供の睡眠時無呼吸症候群のおもな原因は大きく分けて11種類あります。

 

アデノイド

 

口蓋扁桃肥大

 

鼻づまり

 

副鼻腔炎

 

大きな舌

 

肥満

 

下顎が引っ込んでいる

 

下顎が小さい

 

アレルギー性鼻炎

 

かみ合わせが悪い

 

出っ歯

子供の睡眠時無呼吸症候群を見つけるための目安

子供は自分の症状を訴えることが難しいので、そばにいる家族が病気のサインを見逃さないことが重要です。

 

以下のような症状がある場合には専門の耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

□発育や学業の遅れがある

 

□注意力が散漫で落ち着きがなく、無気力

 

□授業中に居眠りが多い

 

□気管支炎、中耳炎を起こしやすい

 

□疲れやすく、すぐにイライラしたり不機嫌になる

 

□おねしょを繰り返す

 

口いびきをかく

 

□ひんぱんに寝返りをする

 

□起床時に頭痛がある

 

 

また、寝ているときの様子をスマホで撮影したものを医師に診てもらうと、病態をよく把握してもらうことができます。

子供のいびき治療は?

子供のいびきは鼻の奥にあるアデノイド(咽頭扁桃)や口蓋扁桃の肥大が原因であることが多いです。

 

この場合の治療は軽度であれば、抗生剤や消炎剤の投与・血管収縮剤の点鼻で症状を軽くすることができます。

 

 

それでは不十分な場合は外科的治療(アデノイド切除術、口蓋扁桃摘出術)を行います。

 

この手術は通常、全身麻酔下で行われ、術後約一週間入院となります。

 

 

 

また、太り気味で小中高生くらいであればCPAP治療が有効な場合もあります。

お子さんを病院に連れていくのに躊躇しているなら

お子さんのいびきがひどくて心配だけど、今すぐ病院に連れていくのはちょっと…

 

もしくはお子さんが病院に行きたがらい場合は、まず寝具を変えて様子をみるという方法もあります。

 

 

できるだけ寝返りをうちやすい敷布団やマットレス、軽めの掛布団に寝ることが大事です。
素材も吸湿性や保湿性に優れたものを選びましょう。

 

枕は頭を乗せたときの沈み込みが丁度良いものを選びましょう。専門店だとお店の人がチェックしてくれるので、みてもらうことをおススメします。

 

 

枕がほどよく反発するように出来ていて、子供の頭の重さに合ういびき対策枕もあります。

いびき対策専用枕 クビックス

 


トップページ いびきの治療 イビキスト