いびきの診察から治療までの流れ


気になるいびき治療(診察から治療までの流れ)をご案内します。

 

1<診察>

 

問診(家族等からいびきや無呼吸を指摘されているか、日中眠気があるか等)

 

視診(体型・顔の骨格をチェック)

 

合併症の有無(メタボ等がないかチェック)

 

 

 

2<いびきの検査>
簡易検査(自宅で)
寝ている間の酸素飽和度をチェック

 

精密検査(病院に一泊)
ポリソムノグラフィー(睡眠中にどんな呼吸障害があるかをチェック)

 

 

3<診断>
治療は必要なし

 

要治療(AHI.自覚症状、合併症から判断)

 


4<治療>

 

減量
CPAP(重度の睡眠時無呼吸、眠気が強い場合)
耳鼻科的処置(扁桃肥大が上気道を狭くしている場合等、鼻づまりの治療)
マウスピース(CPAPが続かない中等症くらいまでの睡眠時無呼吸に対して)
薬(肥満や鼻閉の治療として)

できれば初診の時に家族やパートナーに来てもらう

初診の時に

 

「大きないびきをかきますか?}

 

「いびきが突然止まりますか?」

 

「呼吸を再開するとき、またいびきをかきますか?」

 

など色々と問診があります。

 

 

 

一緒に寝ているパートナーに事前に細かく聞いておけばいいと思いますが、可能ならば同席してもらうといいかもしれません。

 

 

それと、日中居眠りをしていることに本人が気が付いていない場合もあるので、できれば職場の人などに居眠りをしていないか
確認しておきましょう。

 


トップページ いびきの治療 イビキスト