睡眠時無呼吸症候群だと怒りっぽくなるの?

夜中に何度も目覚めると眠気や頭痛のほかに、感情や情報の整理が出来ず、怒りっぽくなるなど感情のコントロールが難しくなることがあるようです。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の患者さんは夜間に呼吸苦の夢をよく見る人もいて性格の変化、物忘れや認知症、性欲の低下を起こすこともあります。

 

 

人間にとって睡眠は最大のストレス解消なんですが、睡眠時無呼吸症候群の患者さんは寝ている間も精神的にもにストレスをかけ続けられてしまうということになります。



トップページ いびきの治療 イビキスト